今日から父とともに生きる。

父の死後から45年、父との生活を11年間の短い間しか送ることのできなかった私は
残された父の日記を読み返しながら、
直接聞くことのなかった父の生き様や考え方を知り、
残された私の人生が少しでも豊かなものになるよう、父と共に生きようと思う。
(2006.2.14.by son)



2007年08月30日

1937年4月15日〜17日 父満十八才の時の日記

1937.4.15-4.19.jpg

●昭和十二年四月十五日 木曜日 曇(第七巻)

終日、春田の荒起し。昼間に給水器を作る。


●昭和十二年四月十六日 金曜日 晴曇(第七巻)

午前は苗床田の荒起しをなし、午後は全部でトマトの定植。一千百余本植付けなす。晩は雑誌家の光を配付して廻る。


●昭和十二年四月十七日 土曜日 晴(第七巻)

伯母つね殿の死去。老体の病気は油断してはならない。尊き伯母様をもう二度と見ることが出来ないかと暗涙にむせび泣かざるを得ない。家内の人たるや想像するだに気かし、本日葬儀行はれ三日参りまで済む。






azusa1.jpg

●人気ブログランキング参加中です!一日一回クリックお願いします。
あなたの応援が励みになります。→ banner_02.gif
posted by gaku at 21:24| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 父の日記1937.01-04 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ウォーターボウル*WATER BOWL/Sサイズ
Excerpt: ベージュを購入。毎日のお散歩の時、邪魔にならないサイズで便利ですね。パピ2匹用としてはSでは小さいかな?と思いましたが、意外と充分使える大きさです。色も可愛いですし、湿っても速乾性があるのでお手入れも..
Weblog: 給水器への思い
Tracked: 2007-09-06 17:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。