今日から父とともに生きる。

父の死後から45年、父との生活を11年間の短い間しか送ることのできなかった私は
残された父の日記を読み返しながら、
直接聞くことのなかった父の生き様や考え方を知り、
残された私の人生が少しでも豊かなものになるよう、父と共に生きようと思う。
(2006.2.14.by son)



2007年08月07日

1937年3月1日 父満十八才の時の日記

1937.2.28-3.2.jpg


●昭和十二年三月一日 月曜日 曇後小雨(第七巻)

佐青果卸市場へセロリー、ビーツの出荷、高値にて販売さる。午前中にかへり午後は麦圃へ堆肥を出す。夕方又出荷準備。

所感
人は自信がなければならない。
みだりに他に依頼する事は人間としての恥辱であるのみならず。自ら自己の運命をきり開かんとす者のとるべき道ではない。人は自己の力に依頼するとき、はじめて何事をなし得るのである。






azusa1.jpg

●人気ブログランキング参加中!
 1日1回クリックお願いします。→banner_02.gif
posted by gaku at 11:30| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 父の日記1937.01-04 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/50560161

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。