今日から父とともに生きる。

父の死後から45年、父との生活を11年間の短い間しか送ることのできなかった私は
残された父の日記を読み返しながら、
直接聞くことのなかった父の生き様や考え方を知り、
残された私の人生が少しでも豊かなものになるよう、父と共に生きようと思う。
(2006.2.14.by son)



2007年04月30日

1936年11月6日〜11月10日 父満十七才の時の日記

1936.11.2-11.10.jpg

●昭和十一年十一月六日 金曜日 晴後雨(第七巻)

朝方甘藍の移植をなし、早岐へ買物に行く。硝子、改良犂のみとも求め帰宅。歯科にも立寄る。午後は稲を寄せ鞍修繕をなす。夕方甘藍の移植、木原障子屋さんを来て、裏の硝子障子を取り付ける、


●昭和十一年十一月七日 土曜日 雨曇(第七巻)

午前は朝方、しろの皮はぎ。其後終日自転車の分解掃除をなす。


●昭和十一年十一月八日 日曜日 晴(第七巻)

麦田の荒起し、二反位をなす。


●昭和十一年十一月九日 月曜日 晴(第七巻)

麦田の荒起し。


●昭和十一年十一月十日 月曜日 晴(第七巻)

終日荒起し。晩は針明へ芝居見に行く。


azusa1.jpg
●人気ブログランキング参加中!
 1日1回クリックお願いします。→banner_02.gif
posted by gaku at 23:25| 長崎 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 父の日記1936.09-12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月29日

1936年11月2日〜11月5日 父満十七才の時の日記

1936.11.2-11.10.jpg

●昭和十一年十一月二日 月曜日 晴(第七巻)

午前は稲扱、午後玄米出荷。又五俵、俵装をなす。


●昭和十一年十一月三日 火曜日 晴曇(第七巻)

兄も休みにて加勢さる。姉と兄も扱がれ、父と二人で寄せ方をなす。夕方夜業に及んで雨模様を呈したので寄せる。


●昭和十一年十一月四日 水曜日 雨後曇(第七巻)

取寄せし稲を終日にわたって扱ぎ終る。あとは少量(百束余)だけで皆済である。


●昭和十一年十一月四日 水曜日 雨後曇(第七巻)

終日撰籾だった。神愛が三百六十五杯ある。夕方早生甘藍の移植。


azusa1.jpg
●人気ブログランキング参加中!
 1日1回クリックお願いします。→banner_02.gif
posted by gaku at 23:23| 長崎 | Comment(0) | TrackBack(0) | 父の日記1936.09-12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月28日

1936年10月30日〜11月1日 父満十七才の時の日記

1936.10.25-11.1.jpg

●昭和十一年十月三十日 金曜日 晴(第七巻)

午前は稲刈を全済し十時頃より糯稲扱を済まし撰籾して乾す。午後に及ぶ。夕方、稲を寄せた。


●昭和十一年十月三十一日 土曜日 晴(第七巻)

午前は稲扱をなし、午後は組合へ玄米を出し、少し稲扱。夕方寄せた。夕方平戸の兄が島原よりかへらる。


●昭和十一年十一月一日 日曜日 曇(第七巻)

兄も休みにて兄弟三人で扱方をなす。五百束足らずを扱ぎ、夕方夜業に及んで寄せた。父母は崎針尾へ茶杯に行かる。平戸の兄も昼頃かへらる。


azusa1.jpg
●人気ブログランキング参加中!
 1日1回クリックお願いします。→banner_02.gif
posted by gaku at 23:08| 長崎 | Comment(0) | TrackBack(0) | 父の日記1936.09-12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月27日

1936年10月26日〜29日 父満十七才の時の日記

1936.10.25-11.1.jpg

●昭和十一年十月二十六日 月曜日 晴曇(第七巻)

朝方稲刈を少しして消防倉庫の落成工事にて終日働く。夕方帰宅後壁のもどしぬりをなす。


●昭和十一年十月二十七日 火曜日 晴(第七巻)

終日稲刈。夕方平戸の兄が見えられ、明朝島原出張んい出立たれるとの事だった。


●昭和十一年十月二十八日 水曜日 晴(第七巻)

午前は籾摺をなし四十俵足らず済む。午後は組合かれこれと用事に廻り稲刈。晩は俵装。


●昭和十一年十月二十九日 木曜日 晴(第七巻)

午前は稲刈。午後はあmるかしをなし、雨模様を呈したが、良い天気となる。晩は俵装の縦縄入れ。


azusa1.jpg
●人気ブログランキング参加中!
 1日1回クリックお願いします。→banner_02.gif
posted by gaku at 23:23| 長崎 | Comment(0) | TrackBack(0) | 父の日記1936.09-12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

1936年10月22日〜25日 父満十七才の時の日記

1936.10.18-10.25.jpg

1936.10.25-11.1.jpg

●昭和十一年十月二十二日 木曜日 晴(第七巻)

朝方籾を乾してから鶏舎の壁修繕。夕方籾を取入れる。


●昭和十一年十月二十三日 金曜日 晴(第七巻)

午前は鶏舎の壁修繕。午後は四時頃より村社の狂言見に行き、早岐へポンプのピストン下弁を買いに行く。夕食前にかへる。


●昭和十一年十月二十四日 土曜日 晴(第七巻)

午前は組合より肥料を取寄せ、午後は鶏舎の壁ぬり。父は柚木へ会席膳を取りに行かる。


●昭和十一年十月二十五日 日曜日 晴(第七巻)

兄も休日だった。午前はポンプを組立て糯を刈る。午後は収納をなしてから堤崩れの修工事をなす。



azusa1.jpg
●人気ブログランキング参加中!
 1日1回クリックお願いします。→banner_02.gif
posted by gaku at 21:57| 長崎 | Comment(0) | TrackBack(0) | 父の日記1936.09-12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月25日

1936年10月18日〜21日 父満十七才の時の日記

1936.10.18-10.25.jpg

●昭和十一年十月十八日 日曜日 曇(第七巻)

稲扱を済まし撰籾をもしてしまふ。晩は姉と二人だった。父は日宇の死去へ。母は崎岡の供日へと。


●昭和十一年十月十九日 月曜日 曇雨模様後晴(第七巻)

午前は野菜の追肥。午後は玉葱床の除草をなし胡瓜、菜豆を取って商準備をなす。


●昭和十一年十月二十日 火曜日 晴(第七巻)

有田へ野菜販売に行き、午前中にかへる。午後は父が昨日、玉葱種を買ってこられたので播種。白菜の害虫駆除もなす。


●昭和十一年十月二十一日 水曜日 晴(第七巻)

籾を乾し午前中は竹切にいって蜜蜂の巣箱をつくる。午後は村の溜池の魚取りにて少量づつ分配さる。夕方籾摺。



azusa1.jpg
●人気ブログランキング参加中!
 1日1回クリックお願いします。→banner_02.gif
posted by gaku at 16:10| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 父の日記1936.09-12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月24日

1936年10月15日〜17日 父満十七才の時の日記

1936.10.12-10.17.jpg

●昭和十一年十月十五日 木曜日 晴曇(第七巻)

有田へ胡瓜、白菜の販売。姉も蓮、栗をもって行かる。
午前十時半帰宅。菜豆を取る。午後は蓮を掘り、商準備をなす。


●昭和十一年十月十六日 金曜日 晴(第七巻)

有田へ野菜、栗販売。供日にて商人は大変混雑したが正午頃迄にて売ってしまふ。午後二時帰宅。午後は二時頃より青訓。夕方かへり稲寄せ。


●昭和十一年十月十七日 土曜日 晴(第七巻)

今日は祭日にて兄も休みだったので二人で稲扱をなし、過半を済ます。晩日宇の坂本辰次さんの死亡との弔報に接し心懸けない心おとーしを感じた。


azusa1.jpg
●人気ブログランキング参加中!
 1日1回クリックお願いします。→banner_02.gif
posted by gaku at 20:49| 長崎 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 父の日記1936.09-12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

1936年10月12日〜14日 父満十七才の時の日記

1936.10.12-10.17.jpg

●昭和十一年十月十二日 月曜日 晴曇(第七巻)

午前はビーツ、法草、菜豆畑等の中耕除草。午後は牛蒡、人参を掘って商の仕度をなす。


●昭和十一年十月十三日 火曜日 晴(第七巻)

市場へ野菜出荷。栗四十五斤(八銭五厘)を仕入れ、午前中、市場を切上げ、午後は佐工在郷軍人家族慰安映写会にて、第三中央館に姉も来参し這入る。大へん満足さを覚えて帰家する(米国の五つ子誕生は特に)


●昭和十一年十月十四日 水曜日 晴(第七巻)

選び出されしやうな天気だ。早朝より稲刈。部屋の人も二人共加勢され、午前中はつとにはかどる。一反七畝を刈り終る。午後は姉と二人蓮掘り、胡瓜を取って商の仕度をなす。


azusa1.jpg
●人気ブログランキング参加中!
 1日1回クリックお願いします。→banner_02.gif
posted by gaku at 23:55| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 父の日記1936.09-12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月18日

1936年10月9日〜11日 父満十七才の時の日記

1936.10.7-10.11.jpg

●昭和十一年十月九日 金曜日 晴曇(第七巻)

午前は球菜の害虫駆除、中耕。午後は青訓、晩は長崎県併合青年團の主催で映写会観覧だった。


●昭和十一年十月十日 土曜日 晴(第七巻)

午前は秋蒔牛蒡の播種。午後に至りてなし、かまぶ太の大根、高菜、四月菜の追肥、中耕をなす。夕方胡瓜、菜豆の商準備。


●昭和十一年十月十日 土曜日 晴(第七巻)

有田へ野菜販売。午前十時頃かへり、中生サダヤ甘藍の播種。午後は法草、大根、かぶ、ビーツ畑の中耕をなし害虫駆除をなす。


azusa1.jpg
●人気ブログランキング参加中!
 1日1回クリックお願いします。→banner_02.gif
posted by gaku at 05:37| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 父の日記1936.09-12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月16日

1936年10月7日〜8日 父満十七才の時の日記

1936.10.7-10.11.jpg

●昭和十一年十月七日 水曜日 曇後晴(第七巻)

宮村青年学校に於いて行はれし西部青年農事研究会に列席する。午前九時開会、午前中は本村内篤農家の果樹園其の他の視察研究にて午後は農事懇談会。午後四時開会だった。帰途、信永君方へ遊んで七時頃かへる。今日の研究会にて得たる資料は自分に問ふて参考の材料とする事が多かった。特に冬蒔甘藍が如何に有利的栽培であるかを痛切に感じた。柑橘なんかも望ましい。


●昭和十一年十月八日 木曜日 晴(第七巻)

午前は遅蒔野菜白菜の播種。午後組合より肥料取りに行く。(硫安七叺)夕方白菜下葉をかぐ。


azusa1.jpg
●人気ブログランキング参加中!
 1日1回クリックお願いします。→banner_02.gif
posted by gaku at 23:49| 長崎 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 父の日記1936.09-12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

1936年10月4日〜6日 父満十七才の時の日記

1936.9.30-10.6.jpg

●昭和十一年十月四日 日曜日 晴(第七巻)

本村小学校の大運動会にて嬉しさ胸に満たせて早朝より行通ふ。午前は朝方、九條葱、小葱の下種、高菜、四月菜の下種。
終日校庭にて愉快に過す。


●昭和十一年十月五日 月曜日 晴(第七巻)

朝方胡瓜の採取、白菜の間引きをなし午前中は胡瓜、白菜の商準備をなす。午後は白菜の中耕をなし胡瓜、法草の追肥。


●昭和十一年十月六日 火曜日 晴後曇(第七巻)

有田へ野菜販出。菜豆を少しもって行く。午前中にかへり、午後は岳の藪払ひに父と交態する。


azusa1.jpg
●人気ブログランキング参加中!
 1日1回クリックお願いします。→banner_02.gif
posted by gaku at 23:49| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 父の日記1936.09-12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月14日

1936年10月1日〜3日 父満十七才の時の日記

1936.9.30-10.6.jpg

●昭和十一年十月一日 木曜日 雨模様曇後晴(第七巻)

午前は大根の間引きをなし、午後三時迄に及んで白菜、大根の害虫駆除をなす。其の後南瓜跡畑の耕耘。晩は防空演習の対空監視に出た。


●昭和十一年十月二日 金曜日 晴(第七巻)

夜も対空監視にて二時間余の睡眠しかせず、午前五時帰宅、九時頃迄は部落にて防護班員として働き朝方は胡瓜の出荷準備。其の後家裏の畑を耕す。夕方T号極早生甘藍、カーネーション、九條葱の播種。


●昭和十一年十月三日 土曜日 晴(第七巻)

有田へ野菜販売。午後中にかへり午後は四月大根、宮重大根の播種。セルリーの定根をなす。


azusa1.jpg
●人気ブログランキング参加中!
 1日1回クリックお願いします。→banner_02.gif
posted by gaku at 23:55| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 父の日記1936.09-12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月13日

1936年9月27日〜30日 父満十七才の時の日記

1936.9.23-9.30.jpg

1936.9.30-10.6.jpg

●昭和十一年九月二十七日 日曜日 晴(第七巻)

朝方胡瓜の搬出準備をなし其の後終日竹細工。午後は父を消防の出仕事にでてもらふ。


●昭和十一年九月二十八日 月曜日 晴(第七巻)

有田へ野菜販売に行き午前中にかへる。青年の道路修繕には父も出てもらゐ午後は自分が出た。夕方胡瓜を取り荷造りをなす。


●昭和十一年九月二十九日 火曜日 晴(第七巻)

有田へ野菜販売。午前中にかへり、午後は竹細工、晩に及んでふたまであんだ。


●昭和十一年九月三十日 水曜日 晴曇(第七巻)

防空演習の割当番にてr晩に及んで警戒である。昼間は竹細工の片手で鐘打ちをなす。


azusa1.jpg
●人気ブログランキング参加中!
 1日1回クリックお願いします。→banner_02.gif
posted by gaku at 23:45| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 父の日記1936.09-12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

1936年9月23日〜26日 父満十七才の時の日記

1936.9.23-9.30.jpg

●昭和十一年九月二十三日 水曜日 晴(第七巻)

彼岸の中日にて遊ぶ。午後二時頃より青年團の併合運動競技大会を早岐迄見に行く。兄は崎針尾へ結婚見合に行かれ遅くかへられた。


●昭和十一年九月二十四日 木曜日 晴(第七巻)

午前は胡瓜の荷造りをなし蓮根を掘り、午後に至りて荷造りを終へ大根の害虫駆除をなし夕方青訓にて防空演習に出た。


●昭和十一年九月二十五日 金曜日 晴曇夕方雨(第七巻)

有田へ野菜販売。正午頃かへり午後は裏畑を耕耘。


●昭和十一年九月二十六日 土曜日 雨(第七巻)

午前中は竹を切って来て竹細工をなし午後消防のではん鐘の床掘りに出た。


azusa1.jpg
●人気ブログランキング参加中!
 1日1回クリックお願いします。→banner_02.gif
posted by gaku at 05:13| 長崎 | Comment(0) | TrackBack(0) | 父の日記1936.09-12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

1936年9月20日〜22日 父満十七才の時の日記

1936.9.16-9.22.jpg

●昭和十一年九月二十日 日曜日 曇雨模様後雨(第七巻)

午前は菊畑の中耕を済まし白菜の害虫駆除。午後はビーツの補植。菜豆の除草。母もお昼頃廣田よりかへられた。晩は林方にて消防の総会に出た。

●昭和十一年九月二十一日 月曜日 晴(第七巻)

午前は胡瓜を採って荷造りをなし蓮を少し掘る。午後は防空演習の集会に出た。夕方牛蒡を掘る。父は日宇より夕方かへらる。


●昭和十一年九月二十二日 火曜日 晴(第七巻)

有田へ野菜販売。午前中にかへり午後映写会の準備に出た。晩は観覧にて遅くまで。

azusa1.jpg
●人気ブログランキング参加中!
 1日1回クリックお願いします。→banner_02.gif
posted by gaku at 17:00| 長崎 | Comment(0) | TrackBack(0) | 父の日記1936.09-12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月08日

1936年9月17日〜19日 父満十七才の時の日記

1936.9.16-9.22.jpg

●昭和十一年九月十七日 木曜日 晴(第七巻)

有田へ蓮根、胡瓜の販売。午前中にかへる。午後は美濃早生大根除草中耕。


●昭和十一年九月十八日 金曜日 曇雨模様(第七巻)

生気に湧き溢ふるる我等青年秋季運動会だった。午前は出席して青訓主催映写会員券をつくって午後は蓮根を二十斤足らず掘る。結菜の間引をなし商荷造準備をなす。


●昭和十一年九月十九日 土曜日 晴(第七巻)

有田へ野菜販売。午前中にかへり午間は映写会員券を売りにいく。午後は胡瓜、白菜の追肥をなし菊畑の施肥土寄せをなす。






azusa1.jpg
●人気ブログランキング参加中!
 1日1回クリックお願いします。→banner_02.gif
posted by gaku at 23:56| 長崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 父の日記1936.09-12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

1936年9月14日〜16日 父満十七才の時の日記

1936.9.10-9.16.jpg

1936.9.16-9.22.jpg

●昭和十一年九月十四日 月曜日 晴曇雨模様(第七巻)

有田へ胡瓜販売。午前中にかへり午後は白菜の除草、追肥をなす。夕方父が耕されたので胡瓜、甜売畑跡へ石灰窒素撒布。


●昭和十一年九月十五日 火曜日 晴(第七巻)

午前は胡瓜のを百余本朝方取って荷造りし、辻田白菜の撒種。午後はビーツ畑の中耕除草をなし追肥をなす。

●昭和十一年九月十六日 水曜日 雨後晴(第七巻)

有田へ胡瓜販売。午前中にかへり午後は蓮根を掘る。二十五斤ばかりほれた。父は玉葱の播種をさる。






azusa1.jpg
●人気ブログランキング参加中!
 1日1回クリックお願いします。→banner_02.gif
posted by gaku at 22:11| 長崎 | Comment(0) | TrackBack(0) | 父の日記1936.09-12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月06日

1936年9月10日〜13日 父満十七才の時の日記

1936.9.10-9.16.jpg

●昭和十一年九月十日 木曜日 曇夕方雨(第七巻)

市場へ行く。玉葱は四銭五厘がへだった。帰途石灰窒素一袋を購入する。法蓮草、白菜畑の除草をなし夕方雨にあひて胡瓜を取る。


●昭和十一年九月十一日 金曜日 雨後晴(第七巻)

有田へ胡瓜の販出。午前中にかへり午後は青訓だった。青訓主催、銃器購入目的、映写会開催の件が持出され一応話がまとまる。夕方胡瓜の支柱立て。


●昭和十一年九月十二日 土曜日 晴(第七巻)

西瓜畑跡を耕し温床の除草整理。


●昭和十一年九月十三日 日曜日 晴(第七巻)

午前は胡瓜の支柱立てをなし、午後は宗方の堆肥を運入し夕方、宮重大根の播種。






azusa1.jpg
●人気ブログランキング参加中!
 1日1回クリックお願いします。→banner_02.gif
posted by gaku at 15:27| 長崎 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 父の日記1933.06-08 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月05日

1936年9月6日〜9日 父満十七才の時の日記

1936.9.3-9.9.jpg

●昭和十一年九月六日 日曜日 晴(第七巻)

水田の除草。午後五時頃迄にて全部済ます。三番除草が終る。
秋胡瓜の追肥、土寄、敷藁。


●昭和十一年九月七日 月曜日 晴(第七巻)

蕎麦の播種にて終日かかる。


●昭和十一年九月八日 火曜日 晴(第七巻)

大豆畑の跡を耕耘。朝方胡瓜を取る。第一回採取にて八十余本あった。午間は玉葱の出荷準備。


●昭和十一年九月九日 水曜日 晴(第七巻)

有田へ胡瓜販売。午前十一時帰宅。午後は玉葱四叺を荷造りなし自動車便にて送る。牛蒡を少し掘る。二十斤足らず準備ができた。晩、宗八次郎方へ蓄音機聴きに行く。





azusa1.jpg
●人気ブログランキング参加中!
 1日1回クリックお願いします。→banner_02.gif
posted by gaku at 08:00| 長崎 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 父の日記1936.09-12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

1936年9月3日〜5日 父満十七才の時の日記

1936.9.3-9.9.jpg

●昭和十一年九月三日 木曜日 晴(第七巻)

兄の出勤と同行して市場へ行く。四銭だった玉葱は少ない。
大塔に鉄道自殺をとげていたのを見て来る。正午にかへり午後は小葱の下種。菜豆、菊畑の中耕。


●昭和十一年九月四日 金曜日 晴(第七巻)

本村小学校に於て十一年度の簡関点呼行あhれ我々青年学校生徒も見学。良好の成績にて午後一時終了した。
午後は胡瓜畑の除草をなし籾摺に行く。


●昭和十一年九月四日 金曜日 晴(第七巻)

終日蕎麦、大根の播種準備をなし高菜、大晩生長崎白菜の播種かれこれをなす。






azusa1.jpg
●人気ブログランキング参加中!
 1日1回クリックお願いします。→banner_02.gif
posted by gaku at 23:44| 長崎 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 父の日記1936.09-12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。